蜻蛉散歩&模型日記★分室【自然観察トンボ・鳥】byフランクパパ

春はあけぼの、夏は夜、秋は夕暮れ、冬は終日模型作りは言うべきにあらず。 夏はつとめて トンボ観察、冬もつとめて 鳥観察。  痛風の足をひきずりラーメン店にならぶもいとをかし

春から夏の午前中は、近くの沼でトンボ観察をしています。冬場は同じ沼で鳥観察。
夏休みには、トンボ観察会の講師をするようになりました。
定年後は、社会貢献に環境保全活動をするつもりです。

別途  蜻蛉散歩&模型日記★本室【プラモ】
     蜻蛉散歩&模型日記★分室【ラーメン】
     ※メニューバーから移行できます♪

盆の頃から週末の天候に恵まれずトンボ運にも見放されて、なんだかスッキリしない散歩が数回。昨日の予報では、「朝からスッキリ晴れる」ハズだったのが、起きてみたら相変わらずの曇天(;^_^Aそろそろ沼は秋の装いになりつつあるはず・・・と期待しながらの散歩。たしかに沼 ...

旧盆すぎから天候が芳しくなく、暑さも一段落してこのまま秋の気配がくるのかと思いきや・・・本日はとんでもない猛暑! そんななか午前中3時間半もトンボ散歩してきました。暑かったっつ!昨年枯れてすっかりなくなってしまったホタルの里のハス・・・生き残った一部が盛大 ...

久々のトンボ散歩。このところ雨続きでなかなかトンボ散歩できないでいたので、今日は午前中2時間、お昼ご飯を挟んで午後2時間のトンボ散歩。でも蒸し暑かった・・・(;^_^A午前中はどんより雲が垂れ込んで風もなく、午後は風はすこしでてきたものの日差しが照って暑い!集中 ...

全長65~84mm、翅は♂は透明、♀は成熟すると基部は黒褐色で翅全体がくすんだ淡褐色になる。成熟した♂は複眼と胸側面条がコバルトブルーになる。成熟した♀は胸側面条が緑色。平野部から産地の雑木林が隣接した抽水植物が豊かな池・沼・湿地や放棄水田に生息する。埼玉 ...

全長75mm~88mm 翅は透明で雌雄ともに褐色班をもち成熟とともに全体が褐色化してくる。若いうちは付け根付近が橙色をしており目立つ、また雑木林等が隣接する抽水植物(ヨシなど)が茂った湿地を好むことから、根赤葦ヤンマ。埼玉県内での分布の中心は、台地・丘陵 ...

北海道~本州四国九州の平野部から山地にかけての日当たりのよい抽水植物の多い池沼に分布する。zz全長は38~52mm、翅前縁に小さな黒い斑紋があり星が4つあるように見えることから四つ星蜻蛉。埼玉県の分布域の中心は、台地・丘陵地で秩父市郊外からも記録がある。飛翔力 ...

フランクパパ・・寂しいことに4連休は取れませんでしたが、その前の半休+1日休。土日はいつものように休みです。半休の午後もしっかりトンボ散歩。半日+2日分の画像アップです。アオモンイトトンボ ♀同色型 産卵 上沼西岸セスジイトトンボ 連結産卵 上沼西岸午後の散歩 ...

梅雨明け後の黒浜沼は猛暑!昨日・今日のトンボ画像を順不同でアップします。「これだっ!」って画像は暑さで集中力キレ気味で ないんだけど、「これだっ!」という感動の出会いや、初観察もあってトンボ探索としては濃い二日間でした。ホタルの里 ハス池の復活した「蓮」 ...

明け方は晴れ間があったものの、トンボ散歩始めた8時にはすっかり雲が垂れこめて沼はどんより。それでも雨の心配はなかったので、トンボ散歩してきました。日があたらないと綺麗に撮影できないし、トンボの出も悪いんだけど、昨日みたいに猛暑よりも気持ちはいい。沼の西岸を ...

暑くはなるとは言ってたけど・・・・慣れない身体には堪える暑さですね。今週末はトンボ散歩諦めていたので嬉しい好天です。午前中2時間半ほど散歩してまいりました。もう全身汗だく上沼のまわりを一回り、今年はコフキトンボが多いような気が致しますが、帯型にはなかなかお ...

↑このページのトップヘ