今年の関東地方は、例年にない本格的な梅雨&梅雨寒。もうここ何日もお日様をみることもない日が続いておりました。今朝やっと日差しがのぞめるとの予報♪
もう予報見た時点で、午前中いっぱい蜻蛉散歩とこころに決めておりました。
で、7時前から11時過ぎまでの約4時間半、沼の周りをうろうろしてきました(笑)。

DSC_6268_20190713_071929
ハグロトンボ ♂

まだ空一面が雲に覆われている7時過ぎ、沼の南東から流れ出る新堀水路

翅をひらいたり閉じたりしている輩に巡り合いました。
フランクパパが近づくのを警戒し一定距離を保ちながら移動しては、開いたり閉じたり。
でもまだ、夏盛りのころに縄張りはって俊敏に飛び回るのとは違って「おっとり」した動きです。
羽化してまだ1週間程度でしょうか?身体は、金属緑色に輝いています。
川トンボの仲間で、黒浜沼でお目にかかれるのは、このハグロトンボしかいないのでやっぱり会えると
うれしい♪

DSC_6294_20190713_074353

アオモンイトトンボ ♀ 同色型 
アジアイトトンボがゆらーと飛ぶ中に混じって、一回りたくましいのがいました。
一目でアオモンだとわかります。
停まったのを確認してファインダーをのぞくと、♀だとはっきりわかりました。胸の青みが強い。
???? ひょっとしたら先週、連結していたあの♀かもしれません。
発見場所もほぼ同じだし(10mぐらいしか離れていない)

DSC_0017

9時過ぎ ホタルの里。
日差しがでてきました!♪やっほーっつ!
久々にみる青空ですΣ(゚∀゚ノ)ノキャー♪
(携帯画像でしょぼくてすみません。トンボ散歩に標準~広角レンズもっていかないので)

DSC_6434_20190713_090552

ショウジョウトンボ ♂

曇っていた間は姿が見えなかったのに、お日様がでてきたらどこからともなく現れました。しかも複数♪

やはり好天には、このトンボが似合う(笑)
鉄分が染みて黒っぽい色したホタルの里の水も、空の青を映して写真映えする・・・

DSC_6428_20190713_090149

そして、なんと足元に彼女がいました。
クロスジギンヤンマ ♀ 産卵中

この娘は、6月22日と同一個体でしょうか?まあフランクパパがすぐそばにいても全く気にしないそぶり・・・
っていうかとっても素直でいい娘だわ💛💛

めちゃ接近撮影させていただきます。
♀で地味だけど、複眼がギンヤンマの緑一色とは違って綺麗💛
全額にすこし黒条が見えなくもないですが・・・・?ひょっとしてこの娘・・・ハーフ(混雑種)?
まあそんなあこたあ・・・どーでもいい。
フランクパパの足元やすこし離れてハスの葉の裏や時々場所を変えては産卵に夢中です。

すると・・・・・・

ああっ!
DSC_6453_20190713_091518

見回り飛行にやってきたギンヤンマに猛烈求愛されちゃってます(汗)
普通だったら簡単に連結受け入れちゃうのですが、かたくなに一緒に飛ぼうといたしません。

ギンヤンマの♂は、この娘がクロスジギンヤンマだろとお構いなしな感じですが、やはり
この娘は、ただののギンヤンマに興味はないようです・・・よかった💛

でも、この後、少し場所を移動して産卵するクロスジギンヤンマの♀にこのギンヤンマが執拗にアタックを繰り返すので、もうここで産卵するのが嫌になったのか?ストーカーギンヤンマの魔の手から逃れるためか?空高く舞って雑木林のむこうに飛んで行ってしまいました。
クロスジギンヤンマとギンヤンマは同属のなかでも非常に近い種なので、混雑種がたびたび発生すると聞いていましたが、まさにそんなことがおきてしまうかもしれない一瞬でした。

帰りに
DSC_6623_20190713_102353

オオヤマトンボ ♂

先日仕入れた300mmで。 距離があってトリミングいっぱい画像ですが、
やっぱり軽いと取り回しが楽。 シャッター速度上げすぎで翅がとまってしまって
ますが・・・こんな感じで使えるならやっぱり仕入れてよかったよかった。


本日会えたトンボ
ウスバキトンボ(雌雄未確認) アキアカネ♀ ナツアカネ? ギンヤンマ♂♀ 
アジアイトトンボ♂♀ クロイトトンボ♂ アオモンイトトンボ♀
ショウジョウトンボ♂ コフキトンボ♂ シオカラトンボ♂♀ コシアキトンボ♂♀
ウチワヤンマ♂♀ ハグロトンボ♂ オオヤマトンボ♂ チョウトンボ♂♀
アオヤンマ♂ クロスジギンヤンマ♀