午前中2時間半ほど散歩してまいりました。今日は、薄日が差すものの曇ベースの黒浜沼。こんな日は飛翔狙いよりも歩き回ったほうが面白いかなと。木陰を中心に散歩してまいりました。
9月といっても1日だしまだアキアカネが下りてくるには時期時期尚早ですが、ボサボサのなかや木陰をさがしたらば、近年ほとんど見なくなってしまったノシメトンボやナツアカネなんかに出会えるのではないかなと思った次第です。

でまずは定点ポイントでこちらにご挨拶
DSC_9643_20190901_081400


マイコアカネ ♀ 
綺麗です、色にくすみがない。そしてこの個体は、翅の付け根付近の橙色が広くてはっきりしています♪ おはよ♪

DSC_9649_20190901_082438

その近くに、腹がすっかり赤くなって♂
前額も先週よりは、青白くなっています。こいつも可愛い♪

おとなしくしている個体なので、このままぐっと近づいてみます。
DSC_9651_20190901_082533

複眼のツブツブをはっきり確認することが出来ました。是非、画面を大きくして見てみたください。

そのままひいて挙動を観察します。
DSC_9653_20190901_082619

複眼も周りを前足でお掃除。複眼の黒くなっている部分で見える部分に意識が集中していると言われています。マイコアカネは、こうして複眼のどこかに黒眼ができることが結構多くて、なんとも愛嬌のある顔つきになります♡

水辺からはなれたボサボサの周辺に目をこらして歩きます。
DSC_9673_20190901_084426

ショウジョウトンボ ♀ 成熟
結構水辺からははなれた休耕田跡のボサボサ。成熟したショウジョウトンボの♀がいました。このぐらいになると結構警戒心が強い個体が多く、彼女もこのごボサボサの奥に入り込んで仕舞いました。
もうすこし若い時は、黄色みが輝くようにみえて、時々希少種の「オオキトンボ」と見間違う方ガいるようですが(笑) 残念ながら黒浜沼界隈で、オオキトンボの目撃記録はありません。

今年はまだナツアカネを見ていません。もともとアキアカネに比べたら比較にならないほど数が少なかったのですが、上沼の南側の休耕田周りや、北側のヨシ原周辺を結構歩き回ったのですが・・・
今時分の季節になれば、このぐらい歩けば1匹ぐらいはみつかったのですが・・・・

かわりに
DSC_9689_20190901_095629

オオシオカラトンボ ♂ 成熟

黒浜沼ではあまり見かけない種です。明るいところが多いので、薄暗い木陰などの水辺を好むこのトンボには条件が合うところが少ないからだと思います。毎年みられるトンボですが、見るのは大抵初夏の頃、ここまですっかり成熟した個体をいまごろ見るのは始めてかもしれません。
栴檀通りに残された唯一の田んぼの脇のボサボサにシオカラトンボと枝先を奪い合っていました。大抵、オオシオカラがよい枝にとまるとシオカラトンボが追い立てるって感じでしたけど。
見た目は結構グロテスクですが、性格は大人しくて元気に飛び回ることもあまりありません。バトルもせずにシオカラトンボに追い立てられると違う枝を近くにみつけてまた追い立てられの繰り返しでした。

今日出会ったトンボ
シオカラトンボ♂♀ オオシオカラトンボ♂ マイコアカネ♂♀ コフキトンボ♂ オオヤマトンボ♂
ウチワヤンマ♂ コシアキトンボ♂ アジアイトトンボ♂♀ ショウジョウトンボ♂♀ チョウトンボ♂
アオモンイトトンボ♂ ギンヤンマ♂