毎年毎週、同じ沼で蜻蛉散歩。見慣れたトンボばかりだけど時には思いもしなかった出会いがあったり、見慣れたトンボの意外な一面がみれたり、で結構飽きないものです。

今夜には台風来襲とのことですが、午前中の黒浜沼は、時折雲で日差しが遮られるものの概ね晴れのトンボ日和でした。
蒸し暑かったので、まだアカネ達にもなかなか出会えないだろうと、歩き回るのはやめてホタルの里で定点観察に徹しました。ギンヤンマが縄張り張ってくれたらまた飛翔撮影で、撮影技量の向上を図ろうなんて気持ち半分でした。

が、今日のギンは、なかなか落ち着いて縄張り張ってくれません。数頭いるのですが、もうバトルと猛スピード飛翔&急上昇・急降下の繰り返し・・・昨日とはちがっておちつかない(^_^;)

夏トンボもそろそろ見納めになってしまうだろうと、すこし距離がありますが、ホタルの里の「赤い彗星」に狙いを定めておって見ました。
ほとんど、枯草枝に停まってばかり。時折他の♂がくると猛スピードダッシュバトルでまた停まって・・
もともと縄張り飛翔をあまりやらない種なのですが、成熟度もましているので尚更な感じです。
DSC_0108_20190908_080637

ショウジョウトンボ ♂

飛び回っているのを撮るのは、完全に神業。どんなにカメラ振り回してもピンどん撮影なんて
絶対無理なので。停まっている草に焦点あわせて待ち伏せ撮影です。

DSC_0132_20190908_081120

他のトンボに刺激されてアラート出撃してもすぐに帰還します。そこを待つと、こんな感じ。
ひゅっと飛んできて、翅を広げて失速寸前まで急減速。脚を出して、着陸態勢。

さらに翅をすぼめて速度調整。
DSC_0109_20190908_080637

DSC_0127_20190908_080953

最後は、後翅をエアブレーキのように使って着陸です♪

トンボのランディング・・・素晴らしいっ!!

ふと視界に赤みの薄い個体が入りました。ウスバキトンボかな?と思って停まった枯草をみると・・・

あら~?
DSC_0140_20190908_081557
アキアカネ♂ 成熟
ナツアカネの♀と一瞬思いましたが、完全にアキアカネの♂。
まだこんな蒸し暑いのに、山から降りてきてしまったのでしょうか?時々別荘にいかない個体もいるとは聞くので、そーゆー個体かもしれません。すっ!と空高く上がったかとおもったら雑木林の中に入って行きました。ほんの一瞬の出会いでした。こーゆー出会いは、歩き回っているとなかなかないものです。地べたにコシおろしてじっとしているからトンボも警戒心薄らいで来てくれると思ってマス。

さらに、蓮池のハスが密生しているところから、すこし大きめのトンボがふら~っと舞い上がりました。羽がかなり茶色です。ギンの♀? にしては、大きい。高めにフランクパパの頭上を飛びます。雑木林の木陰の方で数回旋回しているのが見えました。すこし近づいて確認したい。と腰をあげたところ、こっちに向かって飛んできます。
a4c34f36fd9fca25672acaab27cee595

???????
身体が真っ黒に見えて識別不能。がむしゃらにシャッター切ります。一瞬、尾端に焦点があってファインダー越しに形状がはっきり見えました。ギンじゃない!
2abb43f1ba2c3b33c7eaf82a24046f52

家に帰って真っ黒に映った画像を現像しました。露出をあげてみたら胸のすこし緑がかった線がはっきりわかります。複眼は茶。翅の付け根が黒い。
マルタンヤンマの♀!!!に間違いありませんっ!
7月の末にここの上空で、綺麗なブルーの♂を目撃しています。
今日は、蓮池のハスの中から飛びたったのが、この♀。もうまちがいなくこの蓮池を使って繁殖行動していると考えていいと思います。
嬉しい! ピンどんのばっちり画像はゲットできていませんが、こーして肉眼で雌雄みることができたわけで、今シーズンはそろそろ見納めかもしれませんが、来年以降に期待がもてる結果となりました。
嬉しいなぁ~。

今日であったトンボ
ギンヤンマ♂♀ マルタンヤンマ♀ シオカラトンボ♂♀ ショウジョウトンボ♂ アジアイトトンボ♂
ウスバキトンボ♂ アキアカネ♂