世間様は3連休のようですが、フランクパパは本日単日休みです。千葉県や神奈川県に大変な被害をもたらせた台風15号が去ってから1週間。台風通過後は季節ハズレの猛暑に見舞われましたが、ここ数日は平年並みの気候。やっと夏の終わり・秋の到来を思わせる気候となりました。
となると、そろそろ気になるのはあのトンボ。やっぱり日本人として生まれたからには、トンボシーズンの締めくくりは彼らに早く会いたいものです。
とその前に
DSC_0617_20190915_090008

ギンヤンマ ♂  ホタルの里にて
この夏は彼らの飛翔を随分堪能させてもらいました。まだ多数飛翔している姿を目に出来ましたが、そろそろ数を減らしだしてしまうとおもうと寂しい限りです。
ほんと目の前でホバリングしてくれました。腰の高さぐらいだったので見下ろす形になってしまいましたが、ほぼトリミング無しでこのサイズでの画像ゲットです。翅を動かす背中の筋肉が凄いっ!

で、足早に上沼の南側に移動です。
DSC_0003_1568520107976

上沼の南側には田んぼが広がっています。黒浜沼がトラスト指定地になる前は、西側から南側にかけて約沼の周囲半周分が田んぼでしたが、現在はその頃の約半分以下になってしまっていますが、里山の環境保全の取り組みの一部として、元地権者の方や現在も地権者の方のお力で稲作を続けてもらっています。本日朝の時点でその約半分の稲刈りが終了しています(画像の左端に写っている稲も本日稲刈りしたようです)
空を含めて周囲を見渡します・・・・
いませんねぇ~(^_^;)
今日は帰ってきてるとおもったんだけど・・・・・(^_^;)
昔ほどではありませんが、秋の今日のような天気の日には、向こうに見える家並みの上をかすめてアキアカネがこちらにどんどん飛んでくるのがみられるのですが・・・
まだ帰ってきてないのか・・・な?
!!!!
足元の水路脇の草で何かが動きました。
DSC_0589_20190915_080621

アキアカネ ♂♀ 交尾中 (♀赤色型)
いましたよ。草の間で交尾しています♪ 

お帰りなさい♡

黒浜沼界隈のアキアカネは、ここから何十キロもはなれた秩父方面の山で避暑していると言われています。ここで生まれた個体がここにまた戻って来ているとは言い切れないようですが、生まれたときよりたくましくなってそして赤く綺麗になって帰ってきてくれました。

田んぼの水たまりを目を凝らしてみると数組のカップルが産卵しています。
DSC_0554_20190915_075309

アキアカネ カップル (♀赤色型)
DSC_0566_20190915_075323

稲刈りが終わった田んぼの水たまりに産卵された卵は、冬の間卵のまま越冬し、田植えで田んぼに水がはいると孵化してヤゴになり、夏至のころに羽化してトンボになります。
せっせと産卵しているカップルは、度々相手を変えてこの付近で産卵活動を繰り返して秋の終わりにその一生を終えます。

DSC_0588_20190915_080158


アキアカネ ♀ (褐色型)
二番穂に産卵を終えて離れ離れになったトンボがとまりました。近づいたら褐色型の♀でした。
アキアカネの♀には、成熟しても腹の下側が白くなるだけで上面が赤くならない褐色型と
上面が赤くなる赤色型がいます。割合は半々ぐらいかな・・・

DSC_0004_1568520106074

上沼の南岸に腰をおろして休憩です。風が気持ちいい♪
さっきまで大きな声でおしゃべりしていた釣りのおじさん連中も、今日は釣果がないのかいなくなり、沼は静寂につつまれています。右手の雑木林からはセミの鳴き声がきこえてきます。時折小鳥のさえずり♪そして、南側からはかすかに稲刈りのコンバインのエンジン音。
ここで空をみたり水面を跳ねる魚をみたりが大好きです。

棒杭の先にとまっていたウチワヤンマ達はまったく見当たりません。台風15号でやられてしまったのでしょうか?主のオオヤマトンボも飛んでる気配がありません。そろそろ沼も秋の気配に包まれ出しました。

今日出会ったトンボ
アキアカネ♂♀ シオカラトンボ♂♀ アジアイトトンボ♂♀ ギンヤンマ♀ マイコアカネ♂
ウスバキトンボ♂♀ ナツアカネ♂