ここ数年やっぱり変・・。暑さ寒さも彼岸までってのは、もう過去の話。今日も30℃超えって(^_^;)もう10月ですよ。

先週末は、自宅でプラモ三昧で過ごしてしまったので、本日はいつも通りに黒浜沼で蜻蛉散歩してまいりました。風が強かったです。でも北西よりの風で乾いていて気持ちはいい♪

近くの保育園の運動会の様子が風に乗って聞こえてきてとっても微笑ましい気持ちにもなりました。暑くて大変だったでしょうけど。


先週すっかり怠けたので、沼の周りの彼岸花ももう峠をすぎてしまっていました。今年は咲くのが幾分遅かったんですけどね。今日は歩き回る気満々ですから、沼の北側にある専用駐車場に車を停めました。
で、ホタルの里側から沼周辺に立ち入ります。
DSC_0932_20191005_074028

ノシメトンボ ♀

幸先のよいスタートです。ホタルの里中学校通り沿いの木立の陰の竿の先にとまっていました。
以前はここにこの季節になるとかなりの数がいたんですが・・・
2014年を境にもう全くと言っていいほどみることができなくなってしまいました。本日もこの周囲では1頭のみですが。アキアカネより数が多かったこともあったトンボなんですが、休耕田化と温暖化の影響をモロにうけてこんな普通種でもなかなか希少(^_^;)


そして、沼の東側中学校通りをどんどん南下します。上沼の護岸工事された南端の東側、墓地の横の林の中にも
DSC_0958_20191005_081155

ノシメトンボ ♀

オスには本日巡り会えませんでしたが、違うポイントにもしっかりいてくれて万々歳♪
成熟した♀のノシメトンボ・・・好きです♪

風が強いので空を舞ってる姿はまばらでしたが、アキアカネはかなりの数が戻ってきているようです。
DSC_1199_20191005_100554

アキアカネ ♂ 
まだ気温がこんななので、日当たりの良い場所より風通しの良さそうな少し陰った場所でおとなしく翅を休めています。

田んぼと休耕田の間のすこしボサボサしたところを歩くと、そこらにとまっていたアキアカネが慌てて飛びあがります。大きく飛んでいってしまうこともなく飛び上がったところ付近でホバリングしてまた近くの竿の先にとまります。
DSC_1102_20191005_094632

アキアカネ ♂
そんな瞬間を狙ってみました。まあ難しいけどなんとか見れる画像をゲットです。

DSC_0963_20191005_081318

ナツアカネ ♂
先々週は探してもなかなか見つからなかったナツアカネもすっかり真っ赤に成熟して、
人目に付く場所で翅を休めていました。
この「赤」日本らしい赤で大好きです♪

さらにこっちにも
DSC_0968_20191005_081840

似たような環境の場所にいましたが、沼の周囲いろんなポイントで目にすることが出来ました。

DSC_1201_20191005_100759

アキアカネ ♀
アキアカネはいたるところにいるのですが、せっかくだから「秋」らしい1枚を撮ろうと頑張ったのがこれ。褐色型の成熟メスと枯葉、背景の色・・・いい感じでしょ♪
基本「図鑑写真」ばかりのフランクパパですが、これは季節感のある図鑑写真(笑)
アキアカネ♀の特徴がばっちりわかるの図鑑写真でも秋も感じる。傑作です。

そしてやっとこ数いる♀の中から、なんとかこいつを見つけ出しました。
DSC_1163_20191005_095759

ナツアカネ ♀

赤とんぼ全部を1頭1頭、ファインダーで観察しながら見つけ出した・・・ってのはウソ(笑)
最終的同定は、ファインダーで胸黒条を確認しないといけませんが、腹の膨らみ具合で見当つくんですよね。ナツアカネはぽっちゃりしてる♪
今秋なんとか見つけたいのが、ナツアカネ♀の褐色型。赤いのが多いんですよ。赤色は酸化還元型色素が多いからとのことなので、真夏に避暑にいかないナツアカネは、たぶん還元型が多いんだろうとおもうのですが、アキアカネの♀が半々ぐらいで褐色型がいるのに反して見つけるのが大変。身近なトンボでもまだまだ楽しめる余地があるんですよ~。

おまけ
DSC_1009_20191005_085329

フランクパパ、気づかず踏みつけそうになったら、相手もびっくり!きょとんと頭を持ち上げてこちらを見ましたよ。アオダイショウ様。

本日出会えたトンボ
アキアカネ♂♀ ナツアカネ♂♀ マイコアカネ♂ ノシメトンボ♀ シオカラトンボ♂♀
アジアイトトンボ♂ ウスバキトンボ