蜻蛉散歩&模型日記★分室【自然観察トンボ・鳥】byフランクパパ

春はあけぼの、夏は夜、秋は夕暮れ、冬は終日模型作りは言うべきにあらず。 夏はつとめて トンボ観察、冬もつとめて 鳥観察。  痛風の足をひきずりラーメン店にならぶもいとをかし

カテゴリ: 自然環境・保全

昨年は、4月の中旬には黒浜沼に姿をみせたホソミオツネントンボですが、今年は寒い・・・先週末も見られず本日も空振りでした。なんかスッキリしないですね~で、いつものホタルの里で、ベンチに座って‎ぼけーっつとしていると、足元にちっちゃい花が咲いていたので、なんだ ...

さいたま緑のトラスト協会が行っている自然環境保全ボランティア養成講座の3回目狭山丘陵に伺いました。午前中はセンター内で、狭山丘陵の成り立ちや雑木林の意義、所沢の雑木林が残された理由、保全方法などの講義を受けました。午前中は生憎の雨模様でしたが、午前の ...

集中豪雨に大型台風・・・はたまた大地震(^_^;)(^_^;)いったい日本はどうなってんでしょう(^_^;)温暖化の影響だけでない地球の異変がいろんな形で現れてきて、先行きなんだか心配です。被災された方々は、いまもまだ不自由な生活を余儀なくされてると思いますが、なんと ...

現状の黒浜沼を見て、理想の環境をあげさせていただきます。平成30年1月                     グーグルアースよりまず、現況から① 林が伐採され、太陽光発電設備が設置されました。⑬ ほとんどが休耕田になりました、放置しておくとどんどん乾燥 ...

その③です。平成の変革昭和49年の画像をアップしておきます。昭和49年                     出典 国土地理院平成2年                    出典 国土地理院フランクパパももうしっかり大人。沼の環境保護活動などにしっかり ...

その②です。昭和40年代 高度成長期の大きな環境変化最初に昭和24年当時の画像を再掲しておきます。昭和24年                      出典 国土地理院上沼南北の護岸工事がされて、それからです。昭和49年                   ...

2008年からカメラを持って蜻蛉散歩を初めて10年。黒浜沼で巡りあえたトンボは、9科32種になりました。(迷いトンボ・混雑種除く)日本全国には約200種強、埼玉県内では70種あまりが確認出来るとのことです。多いのか少ないのか?は、置いておいて。わずか10 ...

節分生産の本番をひかえた昨晩、ロマンチックな天体ショーを楽しんだのでご報告です☪20:5721:00頃から欠け始めるって聞いていたので、ちょっと様子を見に行ったら・・・もう欠けてんじゃんっ!(^_^;)21:09ベランダで足踏みしながら時々シャッター切りま ...

先週の月曜日から風邪気味で、喉がいたく声もおもうようにでない状態がもう2週間近くも続いている。ゆっくり休むこともこの2週間できなかったので、今日は大人しく家に隠っていた。郵便受けを覗きに庭に出た。トンボには興味があるが、この手の虫には超疎い(苦笑)。ウ ...

↑このページのトップヘ